【実測】NURO光とソフトバンク光の速度比較

趣味

こんにちは。

都内に引っ越してもう3か月になろうとしております。

引越しに伴い、実はネット回線をソフトバンク光からNURO光に乗り換えました。

ソフトバンク光とNURO光って、携帯電話ソフトバンクユーザーなら両方おうち割 光セットの対象になるんですよね。

まぁおうち割適用には別途オプションへの加入が必須なのでそれほどお得じゃありませんけど・・・

さて、本題に入りましょう。

今回はそんなソフトバンク光からNURO光G2V(戸建/マンションミニ)コースに乗り換えた結果、通信速度がどれほど早くなったかの実測結果と1か月間使用したレビューをしていきたいと思います!

スポンサーリンク

有線LANの測定結果

では早速、測定結果を見ていきましょう。

今回は、「wild speed」計測ツールで測定を行いました。

左:ソフトバンク光   右:NURO光
ソフトバンク光NURO光
下り速度372.5Mbps
(46.56MByte/sec)
904.0Mbps
(113.0MByte/sec)
上り速度99.18Mbps
(12.40MByte/sec)
99.22Mbps
(12.40MByte/sec)

何度か計測し、良い結果が出た数値を比較しております。

上り速度にほとんど違いはないものの、NURO光の下り速度はソフトバンク光の2.4倍という結果を叩き出しました

ソフトバンク光とNURO光の通信最大速度の理論値は2倍の差(1Gbpsと2Gbps)ですが、実測値の差は2倍以上という素晴らしい結果です。

また、「auひかりの達人」という測定サイトでPingとJitterの測定も行いました。

簡単に説明するとPingは応答速度で、Jitterはその応答速度の安定性を示します。

両方とも値が小さければ小さいほど接続品質が高く安定していると言えます。

左:ソフトバンク光   右:NURO光
ソフトバンク光NURO光
Ping11.41ms5.35ms
Jitter15.15ms0.53ms

Pingは半分以下に、Jitterに関しては10分の1以下となりました。

NURO光はダウンロードが速いだけでなく、応答速度も速いのでラグがより少ない環境でオンラインゲームが楽しめることがこれで証明されました(-ω-)

回線利用料金はNURO光の方が1000円ほど高いですが、ソフトバンク光より2倍以上快適でストレスフリーなネット環境にたった1000円で変えられるならまったく気になりませんね。

無線LANの測定結果

無線LANの測定は、iPhoneから「Speedtest」という通信速度計測アプリを使用しました。

ソフトバンク光側のルーターはNECの「WG2600HP2」で、NURO光側はHUAWEIのONU「HG8045Q」(So-netさんからのレンタル品)です。

無線はもちろん5GHz 通信規格IEEE802.11ac。

ではこちらも早速見ていきましょう。

左:ソフトバンク光   右:NURO光
ソフトバンク光NURO光
ダウンロード49.7ms139ms
アップロード49.4ms139ms

ダウンロード・アップロード共にNURO光が2.8倍と圧勝。

ソフトバンク光側で使用しているルーターの方が高性能なのにこの結果ですよ!!

ソフトバンク光側のルーター 「WG2600HP2」は4つの受送信アンテナを内蔵する4ストリーム仕様なのに対し、NURO光側の「HG8045Q」は内臓アンテナ3本です。

手加減したNURO光でも、ソフトバンク光は足元にも及びませんでした。

NURO光を1ヶ月使用した感想

NURO光最高です。

工事はクッソ遅かったけど、それでも導入してよかったと思えるほどネット環境が改善されました。

PCやPS4で大容量コンテンツをダウンロードすると、今までとは明らかに違う速さで増えていくダウンロードバーを、感動のあまり数分間ぼーっと眺めてしまうほどです。

また、NURO光は契約すると無料で5台までインストールできる高性能セキュリティソフト「カスペルスキー」が付いてきます。

このセキュリティソフトが地味にうれしい。

今まで有料のESETセキュリティを使用していましたが、これをきっかけにセキュリティソフトも次の更新ではカスペルスキーに乗り換えたいと思います。

これはもう通常の光回線には戻れませんね。

今後引っ越すとしてもNURO光は利用し続けるでしょう。

ネット回線を変更予定の方は、NURO光をぜひ検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました