モッピー!お金がたまるポイントサイト

【成約】2018年型CRF1000Lアフリカツイン契約してきました!

皆さんこんにちは。

前回の記事では、2018年型CRF1000Lアフリカツインの見積もりとカタログをホンダドリームへ貰いに行ったという内容でした。

そして本日、ホンダドリーム2度目の訪問でついに契約書にハンコを押すこととなりましたY(≧∀≦)Yィェィ

というわけで今回は、2度目のホンダドリーム訪問で私が契約したCRF1000Lアフリカツインの内容をお話ししたいと思います!

スポンサーリンク

注文書並びに売買契約書

前回、ホンダドリームを訪問して見積もりを出してもらった際の金額は、オプションのクイックシフター付きで乗り出し\1,539,690でした。

前回の記事でも述べた通り、この金額は値引きなしの価格です。

そして今日は、用意していただいた2017年型のアフリカツインDCTに試乗させてもらった後、本格的な商談に移りました。

試乗した感想は後述します。

さて、まず今回ホンダドリームの営業さん側が改めて提示した見積もりが以下になります。

乗り出し価格が1,460,000で、前回の見積もりから-79,690です。

およそ8万円の車両本体割引となっていました。

この値引きを高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれですが、私は正直もっと頑張れるだろ~と思いました。

新車は利益率が低いため値引きがあまり期待できず、ましてや私には下取り車両もないため交渉は難しいでしょう。

かといって、このままの価格でサラっと契約できるほど今の私に経済的余裕はありません。

しかし、無理な金額を提示して長い時間商談するのも面倒です。

そこで私は葛藤した末、一言営業さんに言いました。

「メンテナンスパック5S付けて150万にしてくれませんか?」

メンテナンスパック5Sとは、簡単に言うと車検までの3年間点検・整備が無料になるサービスの事です。

私はカスタムはしますが、点検・整備は億劫で自分ではほとんどやりません。

恐らくメンテナンス系は全て店にぶん投げる予定なので、このサービスを利用すれば3年間で数万円お得になるのです。

サービスを受けるかは任意で、メンテナンスパック5Sを付ければ当然乗り出し価格は高くなりますが、商談のネタの一つとして使え、納車後も安心してバイクに乗ることができます。

少し話した後、了承してもらうことができました。

というわけで、以下の契約書で金額を確定し、サインとハンコをしました。

お支払い合計¥1,500,000

カラーは一応新色のグランプリレッド!

メンテナンスパック5Sの費用は¥80,784で、この価格は元々お得になっているものなのでこれ以上下げることはできないとのことで、本体価格を下げてもらい、その結果

-79,690¥-120,474 (¥-40,784)

となり、さらに4万円以上値引きしてもらうことができました。

ホンダドリームでの車両本体値引きの相場が大体10万円前後らしいので、まぁまぁの結果ではないでしょうか。

2017年型アフリカツインDCTに試乗した感想

アフリカツインだけでなく、ホンダのDCT搭載バイクに乗るのも今回が初めてでした。

走り初めて最初に感じたのは、乗車姿勢はフツーのバイクなのに操作はスクーターと同じという不思議な感覚でした。

しかし、そんな不思議な感覚も走っているとすぐに慣れました。

乗り味は、ツアラーとして非の打ちどころがない優等生です。

エンジン特性もしっかりとオフを意識していると感じさせる低速トルクで、V-Strom1000のような中高回転型ではなく安心しました。

“実用的なエンジンフィーリング”というレビューもあったので不安もありましたが、回してみるとまったくそんなことはなく、リッターバイクの名に恥じない加速と力強さです。

2018年型はエアボックスや排気系が改良されてより良いエンジンフィーリングになっているらしいので、今からとても楽しみですね。

今回はDモードのみでの試乗だったので、バイクが納車されたら自分のバイクでS(スポーツ)モード走行を早く試したい(*゚▽゚*)ワクワク