モッピー!お金がたまるポイントサイト

【2018年新型】ホンダドリームでCRF1000Lアフリカツインの見積もり貰ってきました!

皆さんこんにちは。

今日は平日ですが、私は代休を取ってお休みでした。

今週の2月26日(月)に2018年式の新型アフリカツインが発表され、その発表から最初の土日である3月3日と4日は混んでゆっくり商談できないだろうと思い、平日休みを取ってホンダドリームへ向かうことにしたのです。

今日は新型CRF1000Lアフリカツインの色々な話を聞きながら見積もりを頂いてきたので、それを紹介していきます。

スポンサーリンク

Africa Twin グランプリレッドの見積もり

貰った見積もりは、DCT無しアフリカツインのグランプリレッドです。

DCTモデルとアドベンチャースポーツの見積もりが気になっていりる方がいるかもしれませんが、他のモデルの見積もりは貰っておりませんのでご了承ください。

以下が本日作って頂いた見積もりとなります。

この見積もりはオプションでクイックシフター付きの乗り出し価格です。

そのお値段はなんと\1,539,690

た…高ぇ…

CRF1000Lアフリカツインが2016年に発売されて以来、ずっと欲しくてGoobikeで価格などをちょくちょくチェックしていましたが、新車は乗り出しまでの総額が120万前後のものが多く、120万あれば乗れるだろうという感覚で今日まで貯金しながら生活していました。

そしてある程度貯金も貯まり、フタを開けてみると150万越え

想定していた予算の1.3倍の価格です。

2018年モデルは3万2400円値上げしたということは知っていましたが、私からするとその10倍は値上がりしたような感覚になります。

しかし、まだ救いはあります。

実はこの見積もり、値引きがまったくされていない定価なのです。

「ここからお値引きさせていただくようになっていきます」とドリームの営業さんが言っていましたが、果たしてここからどれだけ下げてくれるのか…

今回は本格的な商談はせず、新型アフリカツインのパンフレットを貰ってから雑談をして帰ってきました。

数日後にアフリカツインの試乗車が用意できるということなので、その際にもう一度来店して本格的な交渉を行っていきたいと思います。

営業さんに聞いたアフリカツイン事情

アフリカツインは、発売されてからたった2年しか経っていないにも関わらず今年のモデルは大幅進化しており、やはり初期型購入者は割を食っていると営業さんも話していました。

2017年モデルからは国内の排出ガス規制に適合させるとともに各部の適正化によりマフラー音が良く、馬力も上がっているため2016年モデル購入者が最も割を食っているという話でした。

また、ネットでは2月頭に2018年モデルの先行予約が行われ、発表後予約者は5月末から6月まで納車を待たなければいけないという情報が流れていましたが、あれはデマです。

まず先行予約というのは、購入者ではなく販売店が予約するもので、販売店で確保した車両を一部のドリーム店では、そのままお客さんにすぐ流す手筈を整えているとのことです。

また、納車時期が5月末から6月になるという情報も否定されました。

現状はフツーに予約すれば4月中には納車できるとのことです。

それならゴールデンウィークまでにアフリカツインに乗ることが出来そうですね。

というわけで、納車時期5月末から6月という噂も嘘でした。

ネットの情報は鵜呑みにすべきではないと改めて実感しました(小並感)

そして今年のモデル購入について相談したところ、CRF1000Lは人気車種なので今後も改良はされていき、次はクルーズコントロール機能やTFT液晶パネルが追加されるかもしれませんが、また1,2年でここまで大幅追加される可能性は低いと言っていました。

なので、私のようにこれまでアフリカツイン購入を渋っていた人にとっては今年のモデルが買い時かもしれませんね。

あ、最後に残念なことを聞きました。

2018年モデルのCRF1000Lアフリカツインは180km/hスピードリミッター解除されません。

kawasakiは解除しているみたいですけどね~

ホンダが180km/hスピードリミッター解除するのはまだ1,2年はかかりそうとのことです。

まぁアフリカツインはアドベンチャーバイクであってSSではないので、リミッターが気になることは無いと思いますが(・´з`・)

でも営業さんいわく、CRF1000Lアフリカツインはリミッター解除しなくても190キロ以上出るそうです。

総括

今年のホンダはアフリカツインに限らず、クロスカブやCB1000Rなどホンダバイク大躍進の年であり、250cc以上のホンダバイクはドリーム専売になるという節目の年でもあります。

今年のホンダのバイクは一味違うと個人的に思いました。

本格的な商談を行い次第またこのブログで報告させていただきます。

それではまた!