モッピー!お金がたまるポイントサイト

“ホンダの倒れないバイク”について現役ツアラー乗りの個人的な意見です!

皆さんこんにちは。

今回は近頃話題のHonda Riding Assistについて、現役ライダーでありツアラー乗りである私が感じたことを書いていきたいと思います。

“ホンダの倒れないバイク” あまりの大反響に中の人が「びっくり」 開発の狙いは | ITmediaニュース 
ホンダがCES 2017で展示した「Honda Riding Assist」に大きな注目が集まっている。担当者に来場者の反響や開発の理由を聞いた。
スポンサーリンク

Honda Riding Assistとは

ライダーが少しバランスを崩しても、バイク自体がバランスを保ち、低速走行時や停止時のふらつき、取り回しの際の転倒を防いでくれる技術のことです。

現役ツアラー乗りの個人的な意見

さすがは技術の本田です!

Honda Riding Assistはこれまであった“バイクは倒れるもの”という固定概念を根本から覆す技術だと思います。

しかし「CES 2017」の現地にいた担当者は、「この技術はバイクが自立することが主の目的ではない」と話していたそうです。

あくまで補助ということなのでしょう。

以前、BMWからも倒れないバイクというものが発表されましたが、あれはタイヤが太すぎる上に車重が重すぎて二輪の楽しさを完全にコロしてしまっているだろうと感じました。

ですが今回ホンダが発表したコンセプトモデルは、見た目は完全に普通の(NC750)バイクです。

ハンドルを小刻みに微調整してバランスを保っているこの技術は、近年の自動運転技術を彷彿とさせますね。

しかしバイクで一番ネックとなるのが、やはり車体重量です。

例えば、ホンダのDual Clutch Transmission(デュアルクラッチトランスミッション)と呼ばれる、一言で言うとバイクのオートマとマニュアルをボタン一つで切り替えることができる技術の事ですが、これを搭載したバイクとそうでないバイクの重量差は約10kgあります。

バイクの10kgの違いというのは、ライディングの感覚に大きく影響します。

車で言うと100kg違うくらいの感覚です。

恐らくこの技術を積んだバイクが市販されるとしても、車重が10kg程度もしくはそれ以上重くなってしまうことは必至です。

ですが、この技術はツアラーにこそ搭載されて真価を発揮する技術だと私は思いました。

ツアラーは車高が高く、最も立ちごけしやすいバイクだと言われております。

そして何より、ツアラー乗りはバイクの車重をあまり気にしません(私は気にしますが)

バイクでなるべく快適に長距離を旅したいという層が多いのがツアラーです。

むしろ、重い方が高速道路で風の影響を受けにくく直進安定性が高いので安心するほどです。

ストファイやSSなどに乗り、コーナーやワインディングを楽しむ層にこの技術はウケないと思いますが、そもそもHonda Riding Assistは、バイクを楽しむ上で阻害となる問題や不安を技術で解決し、年配者や女性、体の小柄な人にも大型バイクの楽しさを楽しんでもらうのが主の目的としているらしいので関係ありません。

乾燥重量200kg以下でこの技術を搭載したバイクが出れば爆売れするんだろうけどなぁ・・・