モッピー!お金がたまるポイントサイト

10年以上放置の預金を財源にできる『休眠預金法』成立についての意見です!

貧困対策や若者支援に活用=「休眠預金法」が成立 (時事通信) – Yahoo!ニュース

金融機関の口座で10年以上放置されている「休眠預金」を民間公益活動の財源として利用 - Yahoo!ニュース(時事通信)

壱萬円札4枚

スポンサーリンク

「休眠預金法」について

2日の参院本会議で可決・成立したこの法律は、10年以上口座に預けたままの「忘れ去られたお金」のうち、毎年500億~600億円が子どもの貧困対策や若者支援、福祉、地域活性化などに活用されることになるというものです。

個人的意見

私は、この法律に賛成です。

賛成する理由は3つあります。

国による口座の管理

まずこの法律の文面だけを見ると、まるで国に預金を管理されるようだと不快に感じる方がいるようですが、この法律施行前からそもそも私たちの口座は国に管理されてますから。

マイナンバー制度なんかが良い例ですよね。

口座の無駄

次に、10年も放置されている口座及び預金など無駄です。

日本は口座を開設するのが基本的に無料ですが、海外では口座の維持・管理にお金がかかります。

この違いによって何が生じるかというと、日本では利用する銀行口座を変える際に、口座を解約せずに放置する人がたくさんいるということです。

ATMからは最低1000円からしか下せませんから、銀行の窓口まで行くのが面倒で1~999円の預金をそのまま放置する方も少なくありません。

自販機の下に落ちている小銭くらい勿体ないです。

ただ放置するくらいなら、国に管理してもらって経済に流れていった方がマシです。

返金対応

預金者は施行後も請求すれば払い戻しを受けることができるとありました。

つまり返金にも対応しているということです。

ここまで親切な法律なら、私は特に言うことはないように感じます。

以上3つが、私が「休眠預金法」に賛成する理由です。

あくまで個人的意見ですので、参考までにご覧ください。