モッピー!お金がたまるポイントサイト

【BF1日記】公式の新カスタムゲーム「Line of Sight」をプレイしてみました!【第9回】

Battlefield1(バトルフィールド1)

皆さんこんにちは。

不定期Battlefield 1(バトルフィールド1)日記 第9回です。

昨日、新カスタムゲーム「Line of Sight」の導入及び12月に無料配信される追加マップ「GIANT’S SHADOW」の詳細が告知されました。

そこで早速、公式の新カスタムゲーム「Line of Sight」をプレイしてきたので紹介させていただきます。

スポンサーリンク

「Line of Sight」とは

「Line of Sight」は、今月から公式が導入したカスタムゲームです。

このゲームでは、Suez(スエズ)マップをラッシュでプレイします。

選べる兵科は看護兵、又は偵察兵の2つのみとなり、地上兵器や航空機を利用することも出来ません。

騎兵は選択可能です。

銃弾ダメージが2倍になり、偵察兵はこれまで以上に脅威となります。

また、グレネードや地雷といった爆発物全般の使用はできないようにサーバー設定で無効化されています。

プレイした感想

プレイした感想は、個人的な結論から言うとつまらないです。

このカスタムゲームの悪いところは、大きく分けて3つあります。

試合のテンポが悪い

ラッシュは私の大好きなルールですし、看護兵と偵察兵は1番目と2番目に使っている兵科だったので、ルールや武器の制限に関しては特に言うことはありません。

しかしこのカスタムゲーム、どうやらリスポーン時間も伸ばされているようです。

キルされると次のリスポーンに約20秒と、通常ゲームの倍の時間がかかります。

その上、弾丸のダメージも2倍なのでプレイヤーの行動は慎重になってテンポの悪い試合となってしまうのです。

緊張感があって良いと思う方もいるかもしれませんが、個人的にはラッシュの24人でこの設定は個人的にイマイチだと感じました。

Suezという糞マップ固定

Suezといえば、糞マップ過ぎて公式が修正アップデートを加えたレベルのマップです。

なお修正が入っても無駄に開けた砂漠や微妙なマップの横幅は改善されていない模様。

こんな糞マップ固定でゲームしてたら精神壊れちゃ~う!

過疎っている

私のプレイした時間帯は23時頃と、ゴールデンタイムではないもののオンライン人口は少なくありません。

そのはずなのに、日本サーバーにいる人数は少ないです。

やっと人のいるゲームに入れても、ゲーム終了後に抜けるプレイヤーが多く次のゲームまで時間がかかります。

プレイヤーの試合継続率が低いです。

以上3つが、私が感じた「Line of Sight」の悪い点です。

あくまで個人的な感想です。

興味がある方は、サーバーブラウザーのフィルターから名前「Line of Sight」と入力して検索すると部屋がすぐ出てくるので、プレイしてみてください。