モッピー!お金がたまるポイントサイト

牡鹿コバルトラインツーリングに行ってきました!

V-Strom650と牡鹿コバルトライン金華山

皆さんこんにちは。

私は現在宮城県に住んでおります。

宮城県には「二口峠」や「県民の森」など、峠の名所がたくさんあります。

その中でも、宮城県民のバイク乗りならほぼ確実に行く宮城2大峠があります。

それは「蔵王エコーライン」と「牡鹿コバルトライン」です。

そして本日、牡鹿コバルトラインツーリングに行ってまいりましたので紹介させていただきます。

スポンサーリンク

牡鹿コバルトラインとは

牡鹿コバルトラインは、正式名称が「宮城県道220号牡鹿半島公園線」といい、宮城県牡鹿郡女川町と石巻市鮎川浜を結ぶ一般県道です。通称コバルトライン。

ツーリングのルート

  1. 牡鹿コバルトライン
  2. おしかのれん街

二百キロちょっとのプチツーでした。

石巻市側からコバルトラインに入りました。

1.牡鹿コバルトライン

天候は午前中小雨がチラつきましたが、午後は快晴で絶好のツーリング日和となりました。

コバルトラインのカーブやワインディングは道路の幅も広く見通しも良いところが多いため非常に走りやすく楽しいです。

ついスピードを出したくなるようなコーナーが多いのですが、私は卒論と就職を控えてる身であり、この時期に事故ると人生が終了しかねないので安全運転を心掛けて走りました。

道中に金華山の見える「牡鹿御番所公園」があり、そこで休憩と記念撮影をしました。

金華山をバックにツーリング記念撮影

写真の奥からカタナ400, TMAX500, ホーネット, 我がV-Strom650です。

ちなみに私、コバルトラインツーリングは4回目です。

大学の同期や先輩、OBなど今まで多くの方とここを通りました。

宮城のバイク乗りにとっては、コバルトラインはツーリングの定番場所なのです。

その後はまた走り続けて女川町に抜けました。

2.おしかのれん街

コバルトラインを抜けてすぐに「おしかのれん街」という、東日本大震災後に開設された仮設商店街があります。

おしかのれん街

ここで昼食をとりました。

建物内には食事処だけでなく、雑貨や食品などのお土産を買うことができるお店もあります。

漁業が盛んな女川に来たのですから、食べたのはもちろん海の幸です。

「海船」というところで海鮮丼を頂きました。

おしかのれん街 海船の海鮮丼

カメラRX100M4のシーンセレクション(SCN)「料理」モードで撮影しました。

この写真、我ながら美味しそうに撮れたと思います。

価格は1000円です。

新鮮な海の幸を堪能することができました。

その後、三陸道を通って帰路につき、途中バイク屋に寄って雑談などをしながらも無事に帰宅しました。

とりあえず明日はゼミがあるのでもう寝ます。

おやすみなさい( ˘ω˘)スヤァ