モッピー!お金がたまるポイントサイト

Battlefield 1(バトルフィールド1)レビューです!

Battlefield1(バトルフィールド1)

皆さんこんにちは。

バトルフィールド1(以下BF1)を購入してから20時間ほどプレイしたので、個人的なゲームレビューをさせていただきます。

ちなみに私自身は、バトルフィールド:バッド・カンパニーからBFシリーズをやってきております。

スポンサーリンク

シングルプレイ

BF1戦場で向かい合う二人

BFシリーズのストーリーは、正直おまけレベルです。

タイトルメニューでも、シングルプレイではなくマルチプレイのほうが一番上(もしくは右)に表示されることで知られております。

そして、今作BF1も例外ではありません。

グラフィック・演出は確かに過去最高レベルと言えるでしょう。

プレイ当初は、第一次世界大戦の雰囲気に引き込まれる圧巻のスケールと展開でワクワクします。

世界各地の戦場で活躍する6人の戦士を好きな順で操作してストーリーを進めるのですが、一人一人のストーリーはそれほど長くなく、1人の主人公あたり1時間程度あればクリア出来ます。

ストーリーが短過ぎるという評価も多いですが、私はサクサククリアできて良かったと思います。

しかし、今作BF1のシングルプレイは少し過大評価されている印象があります。

ストーリー中盤以降は”早くクリアしてマルチ行きたい…”となります。

過去作と同様、退屈になってきます。

主人公の6人も一人一人のストーリーが短いため印象に残りません。

エドワーズくらいかな?(PVでも名前を叫ばれていましたし)

チュートリアルの入りは戦争の生々しさが表現されていて非常に良かっただけに、相変わらず惜しいシングルプレイだなぁと感じました。

BF1のシングルプレイの個人的評価は

入りは最高ですが、その後は退屈になる。

です。

ストーリーへの引き込み方は過去最高です。

ムービーも大変良かったです。

しかしそれ以外はいつものBFシリーズだなぁといった印象でした。

マルチプレイ

BF1公式スクリーンショットほぼ実写

新ルール「オペレーション」が楽し過ぎてやめられません。

私は昔から「ラッシュ」が一番好きなルールでプレイのほとんどを占めておりました。

「ラッシュ」は攻撃側と防衛側に分かれて目標を破壊するか防衛するルールです。

BFの代表的なルールといえば「コンクエスト」ですが、正直私はこのルールがあまり好きではありません。

せっかく64人でマルチプレイをするのに、広大なマップで複数のフラッグを各プレイヤーがバラバラに奪い合うため、戦争してる感がなく面白いと感じないからです。

なお、BF3,BF4で使用できるマップMetro(メトロ)とLocker(ロッカー)だけは例外でコンクエストがめちゃくちゃ楽しいです。

特にMetroが好き過ぎて、Metro Only ServerというマップMetroだけでひたすらコンクエストをするサーバーに行きまくっていたほどです!!

・・・と話が少し脱線してしまいました(^_^;)

「ラッシュ」の欠点は、「コンクエスト」のように64人ではなく24人対戦しかできないという点です。

これは前作も今作も同様です。

そんな中、新たに登場した新ルール「オペレーション」は、「コンクエスト」と「ラッシュ」の良いとこ取りしたようなルールです。

攻撃側と防衛側に分かれ、攻撃側は敵の拠点(フラッグ)を制圧して前線を押し上げて行き、防衛側は前線を押しとどめるために拠点を守るという「コンクエスト」と「ラッシュ」を合わせたようなルールになっております。

「オペレーション」の最大の特徴は、長時間の大規模対戦ということです。

人数は40人と64人の2つから選べます(私はいつも64人を選択します)

「コンクエスト」と違い、プレイヤーが自由に目標(フラッグ)を選んでバラバラに行動するのではなく、一定の地域で攻防戦を行うため、その戦闘の激しさはまさに第一次世界大戦です。

最近はこのルールばかりやっております。

こういうルールを待ってましたとEAに感謝です。

また、ルールだけでなく武器の種類も思っていたより豊富で安心しました。

1世紀前の武器でこれだけの種類があるなら十分です。

なお、現代戦なのに武器の種類がめっちゃ少なかったバトルフィールド:ハードラインとかいうクソゲーも存在します。

え、もう一つの新ルール「ウォー・ピジョン」?何ソレおいしいの?

総評

シングルプレイは演出や展開, ムービーは神ですがそれ以外は良くも悪くもBFクオリティです。

マルチプレイは過去最高傑作といっても過言ではありません。

今後は武器やマップ, 特に「オペレーション」の新マップの追加等もDLCで行われるでしょうから、シーズンパスを購入しても元を取れるほど遊べそうです。

それではBF1プレイヤーの皆さん、戦場でお会いしましょう!!