モッピー!お金がたまるポイントサイト

TGS2016で発表されたMETAL GEAR SURVIVEについてです!

006

皆さんこんにちは。

今日まで開催される東京ゲームショウ2016。

今年は興味を引く作品があまりなかったんじゃないかと個人的には感じております。

そんな中、昨日コナミが発表した新作ゲームが話題となっております。

そのタイトルはズバリ

「METAL GEAR SURVIVE(メタルギア サバイブ)」

ゲームオブザイヤーを受賞した「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN(メタルギアソリッド5 ファントムペイン)」と同じ”FOX Engine“というゲームエンジンを採用して作られた三人称アクションシューティングゲームです。

プレイデモの映像を見る限りでは、敵をクリーチャーと呼んでおり、ゾンビではなく「The Last of Us(ラストオブアス)」のような人型の化け物がたくさんいる世界が舞台だと思います。

仲間と協力してクリーチャーに見つからないように潜入したり、クリーチャーから拠点を防衛するといって内容のプレイ映像です。

コンセプトは悪くないと思います。

しかし、ゲーム歴が長くMGS5もトロコンするほどやり込んだ私から言わせてもらうと、すぐ飽きて面白くなさそうです。

そう思う理由は大きく分けて2つあります。

1つ目は、ゲームに何の新鮮さも感じないという点です。

見た感じMGS5からの要素をほぼそのまま持ってきただけのようなゲームです。

ただ敵と世界観が変わっただけでマップもほとんど使い回しに見えます。

そして実際のプレイ映像を見ても、プレイしたいと思いませんでした。

洋ゲーと比較するのはあれですが、似たような世界観の最新ゲームで比較するなら、E3で発表された「DAYS GONE」という作品の方がよっぽど新鮮で衝撃を与えられました。

2つ目は、ゲームエンジンの問題です。

このゲームの開発に使用されているFOXエンジンは、洋ゲーに対抗できる日本で唯一無二のゲームエンジンだと思います。

ゲーム内の物理演算やモデルのリアルさなどは海外に引けを取りません。

が、最大の欠点はマルチプレイに向かないという点です。

MGS5に付属していたメタルギアオンライン3(MGO3)をやった人なら分かると思いますが、このゲームエンジンによるマルチプレイは万人受けしません

CODやBFのように直感的な操作ができないのです。

キャラクターの動きはもっさりしていて、遠距離からCQC吸い込まれる、いわゆる吸い込みCQCも問題となってほとんどの人がすぐに飽きてしまいました(私もその一人です)

今作は、対人によるマルチプレイではなく協力プレイのようですが、期待はしておりません。

上記の理由などから、今後相当良い情報がリークされない限り、私がこのゲームを購入することはないと思います。

あと余談ですが、このプレイデモ映像が昨日Youtubeでも公開されたのですが・・・

fuckonami

動画の低評価が高評価の10倍以上(2016/09/18時点)という、まさに笑うしかない状態ですwww

これだけ低評価の多いゲームのPV動画は「Call of Duty: Infinite Warfare」以来ですねw

MGSの生みの親でありFOXエンジン開発者の小島秀雄監督を含むコジプロに酷い仕打ちをしたKONAMIの罪は重い…

fuckonami

スポンサーリンク